矯正歯科コラム
column

まだ幼い時期から矯正を進められると「永久歯になって歯並びが悪かったらすればいい」と思われる方もいらっしゃるでしょう。
そこで、乳歯列期から矯正をすることの意義を解説させて頂きたいと思います。

 

乳歯があるのに歯並びを矯正する必要性

 

なぜ乳歯がある時期から矯正をおこなうのか

歯列矯正といえば、永久歯の乱れた歯並びを整えるもののように思われがちですが、最近では将来的に永久歯の歯並びが悪くなると予測される場合に、乳歯列の時期から矯正に取り組む歯科医院が増えてきました。
これを「第一期治療」といいます。

 

第一期治療は顎の成長の誘導です

最近のお子さんは顎の成長が弱く、乳歯の時点できっちり並んでいる
あるいは乳歯の時点で重なって生えている歯並びも多くみられます。

 

永久歯の顎の成長は乳歯列期の顎の成長度合いで予測できるため、成長過程のこの時期を利用して顎が拡がるように誘導する矯正をおこなって正しい歯並び・噛み合わせを目指します。

 

乳歯列~混合歯列期におこなう歯列矯正のメリット

ひと昔前の歯列矯正といえば、永久歯に交換して顎の成長が落ち着く時期を待ってから開始する方法が主流でした。
しかし、顎の成長が落ち着いてしまってからでは顎の拡大が望めないために、奥歯を抜歯してスペースを作って歯並びを整えることも多く、健康な歯であっても抜かなければならないデメリットがありました。
しかし、早期に開始することで、お子さんの負担も軽減することにつながるメリットもあります。

 

矯正治療のために抜歯しなくて済むことが多い

顎の成長過程の時期から矯正を始めることで顎の成長をコントロールしながら治療ができるため、抜歯せずに矯正することが可能になるケースも多くなります。

 

矯正装置を付けなくても済むことがある

第一期治療で顎の拡大による噛み合わせの誘導治療を受けていれば、永久歯に生え揃うころには矯正装置を付けなくても自然に正しい位置に歯が整うこともあります。
第一期治療がうまく進めば、第二期治療(装置による矯正)をしなくても済む場合もあるのです。

 

まとめ

幼いうちから矯正をおこなうことに抵抗を感じる方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、永久歯になってから矯正装置を長い期間装着する負担を考えると、乳歯列~混合歯列期におこなう矯正は「永久歯列が正しく成長するための手助け」とお考え下さい。

 

第二期治療の矯正装置もいくつか方法がありますので、お子様の成長と生活環境に合わせてできるだけ負担の大きくない方法を検討・選択していただきたいと思います。
お子様の歯並びでお悩みの方はぜひお気軽にご相談ください。

 

小児矯正について

 
 

医療法人光惠会

 
初回矯正無料相談
医療法人光惠会の矯正治療では、初回の診療は必ず矯正無料相談を実施!
矯正治療の必要性をご説明
矯正治療の必要性
をご説明
矯正治療の期間や費用をご案内
矯正治療の期間や
費用をご案内
矯正のメリットやデメリットのご説明
矯正のメリットや
デメリットのご説明
患者様からのご質問何でもお応え
患者様からのご質問
何でもお応え
矯正治療の無料相談実施中
丁寧に分かりやすく矯正についてお応えします
矯正治療を検討している患者様は、まずは各医院でおこなっている、初回無料相談にお越し下さい。
もちろん相談だけでも大丈夫です。医療法人光惠会では、複数の矯正医が在籍。複数の矯正医に相談を受けて頂いてもすべて無料です。ご自身が納得して治療を任せられる矯正医を探して下さい。
彩都西歯科クリニック
茨木ひかり歯科クリニック
新大阪ひかり歯科クリニック
野田駅前歯科クリニック