矯正歯科コラム
column

矯正治療を受けている方にとって大切なことは、セルフケアです。

 

矯正中は装置の間に食べ物が入り込みやすく、歯磨きもしづらいです。
むし歯や歯周病になりやすい環境にあります。

 

お口の中を清潔に保つために、セルフケアは欠かせません。
矯正中はどのようにケアしたらよいのでしょうか。解説していきます。

 

矯正中のセルフケアの重要性

矯正中は、むし歯や歯周病になりやすいです。

 

特にワイヤー矯正の場合、ブラケットと呼ばれる小さな器具にワイヤーをつけて徐々に歯を動かしていきますが、矯正装置の間に汚れがどうしてもたまってしまいます。

 

また歯磨きもしづらいため、適当に磨いていると矯正装置を外したらむし歯になってしまったり、歯ぐきが腫れて歯周病になってしまうこともあります。

 

せっかく歯並びがよくなったのに、むし歯を作ってしまったり、歯周病になったりしたら残念なことです。
そうさせないために、歯磨きがとても重要です。

 

セルフケアで注意してほしいポイント

ワイヤー矯正をしている間、どのようにセルフケアしたらよいのでしょうか?

 

今まで以上にていねいに磨く

矯正期間中は、今まで以上に時間をかけて、1本1本ていねいに磨いてください。
鏡で確認しながら磨くことをお勧めします。

 

ブラケット周りは一番プラークや食べ物のカスがたまりやすいため、注意が必要です。
ブラケットの上からも下からも歯ブラシで磨くようにしましょう。

 

ワイヤーの下の部分にまで毛先を入れ込んで磨いてください。
大き目の歯ブラシよりも、ヘッドの小さいものを使用したほうが、細かいところまで磨きやすいでしょう。

 

また矯正歯科では矯正治療を受けている患者さん向けの専用歯ブラシも販売しています。
ブラケット周りも磨きやすくなるでしょう。

 

タフトブラシを使う

歯ブラシだけではキレイに磨くのに限界があります。
タフトブラシと呼ばれる歯ブラシは、毛先が一束になっているため、ブラケット周りの細かい部分にまで毛先が届きやすいです。

 

フッ素入り歯磨き粉を使用する

できるだけフッ素濃度の高い歯磨き粉を使用して、むし歯を予防しましょう。
フッ素濃度1450ppmというものを探すとよいでしょう。

 

定期的に歯科医院でのクリーニングを受ける

セルフケアにも限界はあります。

 

矯正期間中は定期的に歯科医院でクリーニングしてもらいましょう。
その際、磨き残し部分を確認し、ブラッシング指導を受けましょう。

 

矯正期間をトラブルなく過ごすためにも、セルフケアに力を入れましょう。

 
 

大阪市・茨木市で矯正治療をお探しなら
医療法人光惠会

 
初回矯正無料相談
医療法人光惠会の矯正治療では、初回の診療は必ず矯正無料相談を実施!
矯正治療の必要性をご説明
矯正治療の必要性
をご説明
矯正治療の期間や費用をご案内
矯正治療の期間や
費用をご案内
矯正のメリットやデメリットのご説明
矯正のメリットや
デメリットのご説明
患者様からのご質問何でもお応え
患者様からのご質問
何でもお応え
矯正治療の無料相談実施中
丁寧に分かりやすく矯正についてお応えします
矯正治療を検討している患者様は、まずは各医院でおこなっている、初回無料相談にお越し下さい。
もちろん相談だけでも大丈夫です。医療法人光惠会では、複数の矯正医が在籍。複数の矯正医に相談を受けて頂いてもすべて無料です。ご自身が納得して治療を任せられる矯正医を探して下さい。
彩都西歯科クリニック
茨木ひかり歯科クリニック
新大阪ひかり歯科クリニック
野田駅前歯科クリニック