[PR]スポンサードリンク

口の中の肉の傷・痛み(口内炎)について:その1

うさ矯正歯科「出っ歯くんです!いよいよ矯正歯科で装置、ワイヤー装着開始です!その体験をレポートします。」「口の中の肉の傷・痛み(口内炎)についての体験談です!」

アイコン矯正歯科
矯正歯科でまずは下の前歯6本に矯正器具や「ブラケット」をつけると、その後、口の中の肉に傷(口内炎)ができてしまいます。
これは、矯正器具やブラケット口の中の肉がぶつかり、こすれて傷が出来てしまう為で、どうしようもありません。
傷(口内炎)ができると、もちろん動かすと(しゃべったり食べたり)すると痛いです。また、食べ物飲み物によっては特別に痛いです。痛いのは塩など塩分の高いものなどです。
それと、辛いものなども危険だと思います。気をつけましょう。

それでも、痛いとストレスが溜まりますしつらいです。
そこで2つの対処方法があります。

その1:ワックスを使う
歯科矯正ワックス1歯科矯正ワックス2


矯正器具と口の中に出来た傷(口内炎)の悪化を防ぎ治療するための樹脂。矯正歯科で貰えるもの。細長い棒状になっており、使用分をちぎって矯正器具の表面につける。矯正器具を覆うようにはりつけ、口の中の傷と矯正器具が当たらないようにする。
これによって痛みが和らぐとともに、直りやすくなる。万が一、食べてしまっても害はない。歯磨きや食事の際に取れやくいので注意。
【注意】薬ではなく、あくまでも治りやすくするためのもの。

その2:薬(アフタゾロン)を塗る
歯科矯正薬1歯科矯正薬2

デキサメタゾン軟膏。口腔粘膜用剤。
口の中の傷(口内炎)の患部に塗り、治療する為の薬。実際に塗ってみると、痛みは和らぎ塗り続けると治るが、凄く塗った周辺が乾いたような感じがして違和感が残る。
矯正歯科もしくはかかりつけの歯科で貰える。


これらの使用により、かなり楽になりますので、状況に応じて使用してみてください。

スポンサーリンク
PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PR