[PR]スポンサードリンク

指原莉乃さん歯列矯正について「辛すぎて毎日泣いてた」「矯正してる人からのリプうれしいな」

指原莉乃さんの歯科矯正の記事です。

※資料↓
指原莉乃、歯列矯正の現状明かす「辛すぎて毎日泣いてた」時期も(modelpress)

指原は2015年、フジテレビ系バラエティ番組「僕らが考える夜」にて歯列矯正を決意。2016年3月に“裏矯正”の開始を明かし、7月には「「歯並びよくなってきてご機嫌」と綺麗に並んだ歯を見せた笑顔のショットで効果を伝えていた。

28日に、ファンから指原の最近の写真とともに「本当に歯並び良くなったね」とリプライが飛ぶと、指原は「ほんとだー!自分じゃ気づかないけど。。こうやって変化がわかるとうれしいなあ」と歓喜。「矯正まだやってるよ!仕事の都合で月一回行けない時もあるので」と現在も治療継続中であることを明かした。
また、「始めた時は喋ることも難しくて、仕事柄喋れないのが自分にとって辛すぎて毎日泣いてたけど、今では割とスラスラ喋れるし、本当にやってよかったなあって思う」と治療開始当初の苦悩を思い返しながらも、結果には満足の様子。

これに「矯正辛いよね、昔やっていたのでわかります」「かなり歯並び綺麗になったし今はやって満足してます」「最初は本当に痛いし辛いよね」など、経験者からのリプライが多数寄せられると、指原は「矯正してる人からのリプうれしいな もやしと白ネギとほうれん草が挟まるあるある話したいな 焼き魚食べてると8割がお腹じゃなくて矯正器具に挟まってて食べた気にならない話したいな」とあるあるエピソードを披露。「みんなで頑張りましょうね~辛いけど~!」と呼びかけた。
(2017.01.29 12:10 modelpressより)

歯科矯正は痛みとの戦いです。
しかし、物凄く大きな痛み、という訳ではありません。
しかし、矯正器具を付けている間ずーーっと続くのです。
また私の経験だと器具を付ける前、歯を動かすスペースを作るために抜かれた歯(健康な歯)の痛みもありました。
また、苦労としては「器具に食べ物が挟まる」「器具で口内炎(傷)ができる」というのもあります。
歯科矯正あるある」は沢山ありますね。

スポンサーリンク
PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PR