[PR]スポンサードリンク

診断結果と治療方針を聞きに行く!

うさ矯正歯科「出っ歯くんです!2008年4月13日、矯正歯科でレントゲンや写真をもとにした診断結果と今後の治療方針を聞きに行きました。その体験をレポートします。」

アイコン矯正歯科

矯正歯科での説明。
まずはレントゲンについて、現在の歯の状況の確認。
過去の治療による神経の状態や歯の本数などの確認です。
そして、正面からのレントゲンと図によって骨格の確認をします。
これについてはほぼ一般的な状態でした。
次に横から見た写真と図です。

私は出っ歯なので、歯だけではなく、口全体が出ていて、おでこ・鼻・あごを一直線にひいたラインよりも大きく出ています。
その為、歯を引っ込める矯正治療が必要、という事です。
そして、「実際に矯正治療を行ったらどうなるか」というシュミレーションの結果を動画でみせていただきました。
そこには自分の歯科矯正治療終了後の姿が!

これにより、現実的なシュミレーション体験ができました。

今後の治療については、私の場合は上下4本の歯を抜いて治療する事になります。

まずは奥歯に治療装置をつけるための準備として、奥歯の隙間に間を空ける為のゴムを入れました。
矯正歯科の先生からは「2~3日痛みが出る」と言われましたが、1日経過した現在、違和感はもちろん感じるものの、痛みはほとんど感じません。「痛い」と言うより「ムズムズする」という感じです。
言葉の例えではなく本当に「奥歯にものが挟まっている」状態です(笑)

【歯の写真:2008年4月14日撮影】矯正歯科写真

スポンサーリンク
PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PR