[PR]スポンサードリンク

矯正歯科に行って検査してきました!

うさ矯正歯科「出っ歯くんです!歯並びを治す事を目標に、矯正歯科に行ってみました。その体験をレポートします。」

アイコン矯正歯科
私は幼い頃、自転車に乗っていて転倒し、前歯を折ってしまいました。
そして、その後生えた大人の歯は、他の歯に比べて大きい歯が生えてきました。
それがきっかけなのかは分かりませんが、私は全体的に歯並びが悪い状態です。
まあ簡単に言ってしまえば、「出っ歯」という訳です。
その為見た目も良くないですし、虫歯にもなりやすいです。
以前から『矯正歯科』というのは知っていましたし、自分もいつかは治さなければ、とは思っていたのですが、矯正装置を装着した時の見た目を考えると、いつの間にか「矯正する」という発想がなくなっていました。
しかし数年前、虫歯治療の際に医者から歯並びの事を言われ、意識するようになりました。そこで歯科矯正』について調べて見たのですが、100万円近い治療費がかかる事がわかり、貧乏な私には治療不可能、と諦めました。

しかし私も30歳を過ぎ、仕事で営業なども経験し、「やはり今のうちに治そう」と決意しました。
数件の『矯正歯科』を調べて、診て貰いました。
解った事は、自分は上下の前歯が大きく、収まりきらずに重なるようにして前に出てしまっている事です。そして、特に下の歯が出ているために上の歯もかみ合わせの関係で出ている状態で、やはり矯正治療が必要だという事でした。
3件の矯正歯科に訪問しましたが、一番安い装置・治療費でも50~60万、少し目立たない装置で60~80万、歯の裏につけ、表から見えなくする装置だと、120万円もするという事でした。
そして期間はだいたい2年半くらいかかるとの事でした。

私は治療内容、料金、支払い方法などを考慮し、埼玉県内にある矯正歯科で治療を行う事にしました。

実際の治療をする為には、いろいろと検査し治療の仕方を決めなければなりません。
ですからまず最初に様々な検査を行いました。

まずはレントゲン。通常の虫歯治療の時は1枚だけですが、今回はさまざまな角度から数枚撮りました。正面や斜めから、上下の奥歯、前歯のレントゲンを撮りました。
次に通常の写真も撮影。
透明なプラスチックの器具で口を広げて、歯をむきだしにした状態の写真を撮りました
さらには変わった器具で頭や顎、顔のサイズも測りました。
最後は上下の歯形を採って終了です。
このデータをもとに、10日間~2週間後に、今後の具体的な治療内容が決まるという流れです。

また今回、日頃の歯磨きが不十分だった為に、歯周病 (歯槽膿漏)になりかけているということが判明し、歯の間の掃除などをこまめにするようになりました。

まず虫歯予防をきちんとし、そして矯正治療を行って行ければと思います。

スポンサーリンク
PR