[PR]スポンサードリンク

ブラケット(矯正器具)を装着![歯科矯正]

うさ矯正歯科
「出っ歯くんです!いよいよ矯正歯科で装置装着が始まりました。その体験をレポートします。」「まずは上の歯に矯正器具を取り付けました。」

アイコン矯正歯科

矯正歯科でまずは歯に入れたゴムを外し、クリーニングしました。

次に、前回型をとった金具(かぶせもの)を奥歯に装着しました。
これは、針金で繋がっています。針金は凸のような形状になっており、装着すると曲がった先端が当たりますが、その部分にはプスチックのようなツルツルした部品がついています。この「針金部分」はワイヤー装着した後に外すとの事です。

次に、いよいよブラケット(矯正器具)の装着です。
上の前歯に計6つ、左奥歯にひとつのブラケット(矯正器具)を装着しました。

ブラケット(矯正器具)装着の感想は、上前歯は、もともと出ている歯の表面に付けた為、さらに唇が閉じにくくなりました。
そして、左下奥歯は窮屈な場所に装着した為、少し当たって痛い状態です。

矯正歯科の先生には、ロウ状の固形物を“痛い時用”に貰いました。

これはブラケット(矯正器具)が口に当たって痛い時、ブラケット(矯正器具)に塗って直接口に当たらないようにする為のものです。ポイントは、
●つける前に水分をブラケット(矯正器具)についている水分をふき取る事
●食べ物を食べる時に付けていると味が変わって食事がまずくなるという事です。

【歯の写真:2008年5月2日撮影】0502矯正歯科

スポンサーリンク
PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PR