[PR]スポンサードリンク

【腰痛ヘルニア体験談】病院でMRI検査を受けました

【腰痛ヘルニア体験談】病院でMRI検査を受けました

退院後の自宅療養、リハビリ生活の模様です。

杖と対面は・・・

杖で歩いていて街中で自分と同様に「杖を持った人」を見かけ、すれ違います。
なんだか妙な感じです。
例えるなら
『自分と同じ服を着ている人に出会った』と同じ心境です。

MRI検査

椎間板ヘルニア(※私の場合は「椎間内ヘルニア」)
で入院し、2010年4月末に退院して以来2ヶ月以上経過しました。
この日は病院でMRI検査を受けてきました。
結果は、やはり現在も背骨の中に椎間板(?)が入ってしまっていて外側にも少し出てしまっている状態でした。
痛みはまだありますが、医師からは「リハビリ(腹筋、背筋の筋トレ)を引き続きをするように」と言われました。

電車の席

またまたまた電車に乗っていたら席を譲って頂きました。
中高年のご婦人でした。
ありがとうございました。
腰痛で杖生活になってから三度目です。
自分は立っていても良いとは思っているのですが。。
できれば、「お年寄りからのみ」譲って頂きたいですね。
なかなかお年寄りは、「譲ってもらえて当たり前」もしくは「座って当たり前」と思っているような感じが見受けられます。

また電車の席

またまたまたまた電車で席を譲って頂きました。
今回は中高年の男性でした。
私が席の前に立つと、譲るそぶりをみせました。
私は手で「いえいえ」とやったのですが、「次で降りるから」と、譲ってくださいました。
ありがとうございました。
腰痛で杖生活になってから4度目です。
本当に自分は立っていても良いので恐縮です。

通院・診察・薬

この日は病院に診察と薬を貰いに行きました。
毎回同じ流れで、
▼足の痺れが無いかどうかを確認
⇒「ありません」と言う
▼先日のMRIで見たとおりヘルニアはまだある。
▼徐々に筋力をつけていくように
⇒「週2回ジムに行ってます!」
▼薬を貰う
以上で終了です。
「いつになったら治るのでしょうか?」
と思っていましたが、2017年で7年経過。

スポンサーリンク
PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PR