[PR]スポンサードリンク

【腰痛ヘルニア体験談】退院後、病院で診察とリハビリ

【腰痛ヘルニア体験談】退院後、病院で診察とリハビリ

退院後の自宅療養、リハビリ生活の模様です。

病院で診断、リハビリ

▼2010年5月24日
病院に行き、診察を受けて薬を貰いました。
「痛みが変わらない」と言ったら、ドクターに「腰の牽引(と病院でのリハビリ)」を勧められたので、リハビリ室でやってきました。
■リハビリ内容
▼腰の牽引
▼足の筋トレ
▼エアロバイク(10分)
です。
毎週土日はジムで筋トレしていますが、平日にもたまにリハビリ(腰の牽引)に行こうと思いました。

退院一ヶ月!

椎間板ヘルニアで入院してその後退院してから1ヶ月経過しました。
家の中では杖が無くても生活できるようになりましたが、外出や長時間の歩行、立っているのは辛いです。
今日も病院で牽引とリハビリをしました。

杖<老人!in電車

私(ヘルニアで腰痛)が電車に乗ってつり革につかまっていると隣に老人男性が来て立っていました。
そしたら続けざまに2人
(1:小学生の女の子2:幼児連れのお母さん)
に席を譲られていました。
その男性は断っていました。
私も、譲られても基本は断りますが、たまに辛い時もありますし、なんだか老人に負けたく無い気持ちがありますね。
健康でふてぶてしいおっさんやオバハンは問題外です!

杖と言えば・・・

古い話ですが『ウルトラセブン』のモロボシ・ダンを思い出しました。
杖使ってましたね。

救急車の救急隊員さん

後日改めて思い出したのですが、
椎間板ヘルニアで自宅から救急車で運ばれた時の事です。
救急車の救急隊員(?正式名称わかりません。)の方は話し方も丁寧で、動けない私を担架に乗せて、狭い通路を運んでくださいました。
その対応、状況判断、仕事ぶりは見事でした。
まさにプロの仕事でした。
改めて御礼申し上げます。

スポンサーリンク
PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PR