[PR]スポンサードリンク

【体験談】良性発作性頭位めまい症その2…「良性発作性頭位めまい症改善の体操」

PR

良性発作性頭位めまい症

実際に「良性発作性頭位めまい症」という病気になった体験談です。

PR

B耳鼻科での診察

めまい止めの薬(ベタヒスチンメシル酸塩6mg「トーワ」)
を飲みつつも、めまいは治らず、そのたびに吐き気と頭痛が起きる毎日。
そもそも「治す方法」を指示されなかった事に疑問と不満を感じ再びネットで調べてみました。
ネットで「めまいの専門医」という一覧があり、そこにあった最寄りの病院に予約をして診察を受けました。

▼聴力検索
ヘッドフォンで小さな音を聴く検査。
音が聞こえたらボタンを押します。
普通にヘッドフォンで聞くものと、
耳の外から聞くものがあります。
耳の外から聞くものでは別に雑音を流してその状態で聞き分けます。

▼バランス検索
三角形の台の上に立ち、まっすぐに立ちます。
1:目を開けて30秒
2:目を閉じて30秒

↑この2つについては同様です。

▼立った状態で足ふみ
目をつぶりまっすぐ立ち、その場で足ふみを50回行います。
終わった時に50cm
ほど前に出ていました。

▼目に器具を付ける
VRの器具のようなものを目につけるのは同様ですが、ベッドに寝て横になり頭を下げ、
あえてめまいを引き起こし、目の動きなど様子を見てくれます。
それと同時にこの動きが「良性発作性頭位めまい症改善の体操」だったようです。

良性発作性頭位めまい症改善の体操

A耳鼻科で「薬を出されたのみ」と言ったら
「おじいちゃん先生?」と聞かれました。
医師のこの発言でA耳鼻科での対応が不十分だったのだな、と思いました。
そして、「良性発作性頭位めまい症改善の体操」というものを教えて貰いました。

▼診断
正確には
『右外側半規管側良性発作性頭位めまい症』
私の場合は右側の半規管に『耳石』が入ってしまっているという少し珍しい症状とのこと。

▼良性発作性頭位めまい症改善の体操

寝る時は右側を上にします。

▼薬
「ベタヒスチンメシル酸塩6mg」…めまいを止める薬
「メトクロプラミド錠5mg」…胃や腸の運動を亢進し消化機能異常を改善する薬

(つづく)

執筆者情報

執筆者情報

執筆者:白石竜次 …歯科矯正治療経験者。2008年から歯科矯正治療開始。
スポンサーリンク
PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PR